初めての方も納得のダイビングスクールの条件

ダイビングスクールを習う上で楽しく上達できるように習いたいと考える人が多くいます。初めての人でも納得のいくダイビングスクールに通いたい条件は、会社終わりでも気軽に通うことが出来る時間にやっていることや駅から近いこと、料金が高くないことがあるのではないでしょうか。教えてくれる人が実際にダイビングの経験があったり、インストラクターとして教え方が上手などの情報も聞くと初めてダイビングスクールに通っても安心して納得しながら通うことができます。サイトなどで検索してどこのダイビングスクールの評判がいいのか、自分の会社終わりに行くにはどこのスクールが一番通いやすいか、料金はいくらまでなら払うことが出来るかなどを考えながら自分の納得のいくスクールを探していくことをおすすめします。

ダイビングスクールで行うこととは

ダイビングスクールでは、ダイビングのライセンスを取るために少しずつ水の中で深く泳いだり練習をする所です。ダイビングの中にはスキューバダイビングが主に言われるダイビングです。ライセンスを取得する為だけではなく楽しむためだけでもダイビングスクールに通うことはできます。楽しむだけのダイビングの中には3つの種類があります。レッスンファンダイブ、ガイドダイブ、バディダイブなどの種類があります。レッスンファンダイブではダイビングに少しずつ慣れていくようにインストラクターが丁寧に指導しながらダイビングに慣れていきます。ガイドダイブでは少しずつ慣れてきたら実際に水の中にいる生物を確認したり、ガイドに沿って泳ぐことを楽しみます。バディダイブでは友達2人で海の中を楽しむ上級者向けのダイビングです。このように種類があることを覚えておくことをおすすめします。

ダイビングスクールでかかる費用とは

ダイビングスクールでかかる費用は、ライセンスの取得するランクによって費用が異なってきます。講習の料金があり、学科やプールや海洋実習などで費用がかかってきます。施設使用料というものもかかってきます。施設使用料とはプールや海などで実際に使用するときにかかる費用です。プールや海を使用した時のシャワーやトイレ、更衣室の使用料金も含まれています。他には教材費にかかるDVDやテキストの費用、ライセンス取得のための費用、器材のレンタル代金、宿泊代、食事代などがかかります。ダイビングスクールに通う上でライセンスを取得していくためにはこのような費用が掛かってくることを知っておくことをおすすめします。どのくらい費用が掛かるかを把握し、自分に合ったダイビングスクールを見つけられるようにしていきましょう。