のぼりのサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に、のぼりのサイズはどのくらいなのでしょうか。レギュラーサイズと呼ばれるものは横60センチ、縦180センチほどです。大型サイズだと横が70センチから110センチ、縦が200センチから330センチくらいになります。また、小型サイズになると横45センチ、縦160センチです。ただ、これは一般的なサイズであって、これをスリムにしたりした様々なサイズがあります。つまりのぼりのサイズに決まりはないということになります。ただし、のぼりをつけるポールにはサイズがありますから、多くの場合、45センチ×180センチ、あるいは60センチ×180センチのものが一番一般的なサイズだといえるでしょう。

使用方法や場所に応じてサイズを決めよう

のぼりのサイズを決める際に、その決め手となるのがどんな場所でどのような目的で使用するのかです。一般的に使われているサイズは、前述しましたように60センチ×180センチですが、このサイズのものは、たくさん並べて使うという方法が有効です。なお、種類も豊富なために、同一サイズで様々なデザインや文面を持ったものを何本も立てることが多いです。これによって見る側に大きなインパクトを与えることができるのです。
もし、設置場所が狭い時は、スリムサイズを選ぶと良いでしょう。スリムサイズはレギュラーと較べて縦横が少しずつ短くなっています。屋内に立てる場合や、狭い路地などで通行人が通るのに邪魔になってしまう懸念がある場合などにうってつけです。
また、ミニサイズというものもありますが、これは女性や背の低い人に見やすいようにと考慮されたもので、ちょうど女性の目線に入るような大きさになっています。その為に相手に威圧感を与えることがありません。なお、置きたい場所にレギュラーサイズを置いた時に、狭い場所だと設置しにくく、見えづらくなってしまうことがあります。こんな時にはミニサイズを置くことでしっくり来ることがあります。

それぞれのサイズの良い点

よく目にするレギュラーサイズは、普及しているために制作しやすく、コストパフォーマンスも高くなります。しかし、これとは全く違ったサイズのものを見かけた時、人はどう思うでしょうか。たとえばミニサイズの場合、あまり見かけないことで、人の注意をひきやすくなります。これを店内装飾として置くと、その商品に注意を向けることができるのです。これが大型サイズだとどうでしょうか。大きいだけで目立ちますし、かなり遠くからでも視認しやすくなるという利点があります。ただ、大きいことでそれだけの設置スペースが必要となります。
サイズは、まさにその使用目的や用途によって異なってくるということが言えます。

ピックアップ記事

のぼりのサイズ

一般的に、のぼりのサイズはどのくらいなのでしょうか。レギュラーサイズと呼ばれるものは横60センチ、縦180センチほどです。大型サイズだと横が70センチから110センチ、縦が200センチから330センチ...

のぼりの素材

のぼりや旗、あるいは幕などに使用する素材はいくつかありますが、その代表的なものとしては、大きく分けてポリエステル、綿、麻などがあります。この中でも特に多くの種類があるのがポリエステルです。また、それぞ...

オリジナルのぼりを作ろう

自社あるいは自店舗用にのぼりを作ろうとした時に、どうしても既成のものから選びがちになってしまいます。オリジナルなものを作ろうとすると、デザインをどんなものにしたらよいのかとか、既成のものよりコスト高に...

印刷で作るのぼり

のぼりを作る際に、印刷の方法は大きく分けて二つあります。一つはシルクスクリーン印刷であり、もう一つは昇華インクジェット印刷です。これらはそれぞれに大きな違いがあり、のぼり制作会社はその目的や用途によっ...


コンテンツ

カテゴリー